魚由来のコラーゲンサプリメント

Fish Tank

コラーゲンサプリメントにも種類があることはご存知でしょうか。その種類とはコラーゲンが何から抽出されたのかによるものです。コラーゲンサプリメントに使われるコラーゲンは普通動物から、または魚から取られたものです。

ですが動物の場合、コラーゲンのほかに脂肪などの不純物を含み、また吸収があまりよくないことから、魚由来のコラーゲンサプリメントが注目されるようになりました。

魚コラーゲンの吸収率に着目しますと、牛や豚といった動物のコラーゲンに比べて、非常に分子が小さいものになっているということがあげられます。それ故、体内への吸収率も断然高く、数字に表すと約7倍もの吸収率を持っています。

さらに魚コラーゲンでもうろこ部分を使用したもの、そして皮を使用したものと2種類あります。魚由来のコラーゲンサプリメントでよく利用されているのはうろこから抽出されたものです。

その理由は原価の安さにあると言えるでしょう。しかしデメリットはうろこは固い上に、不純物が多くできているという点で、コラーゲンサプリメント選ぶ際にはできるだけ避けたいものではないかと思います。

一方皮から摂られるコラーゲンは、その抽出法が簡単で、最終的により不純物が少ない状態でコラーゲンサプリメントとして製造されます。そのためより安全性が高い、さらに効果も期待できるといってよいでしょう。

このようにコラーゲンサプリメントにも種類があります。動物性のものを選んだからと言って、効果が現われないとか、安全ではないと言うわけではありません。ですが魚由来のもの、しかも皮から抽出されたコラーゲンが使用されたサプリメントは、よりコラーゲンの効果を引き出すことができるのではないでしょうか。

コラーゲン化粧品で美肌対策

Fotografia em Still - Produtos

美肌という言葉が流行し、街のあちらこちらで様々な種類の化粧品を見かけるようになりました。その化粧品の中にコラーゲンが含まれているものは、とても多いですね。

コラーゲンはシワやたるみを解消するという働きがあるため、化粧品の中でも特にアンチエイジング化粧品に使われることが多いのです。
アンチエイジングというとボトックス注射などがよく想像されがちですが、実は普段から使用する化粧品を正しく選ぶことでも対策することができるのです。

コラーゲン化粧品を使っての美肌対策には、まずファンデーションなどのメイクアップ化粧品のほかに、化粧水や乳液もそろえなければなりませんね。そしてその化粧水や乳液こそコラーゲンの含まれたものを選ぶとよいでしょう。やはり美肌は正しいスキンケアを行って手に入れることができるものです。

このスキンケアで大切なことは2点。一つ目はコラーゲン化粧品の選び方です。
コラーゲンはとてもお肌に浸透しにくい成分ですので、コラーゲンの量よりもどれだけ浸透性が高いかということを確認しなければなりません。

そして二つめは使い方です。先ほども申しましたとおり、コラーゲンは浸透しにくいため、浸透しやすい環境を作ってあげることも大切なのです。

コラーゲンが含まれていなくても言えることなのですが、かならず化粧水を先に次に乳液やクリームといったものを利用しなければなりません。乳液やクリームなど脂分が含まれているとお肌の毛穴をふさいでしまうことになり、後から顔につけるものは浸透することができなくなります。

こういったことに気をつけていけばコラーゲン化粧品で美肌対策ができます。確かにボトックス注射などに比べれば即効性はありませんが、地道な努力で確実に実現させることができるのです。

コラーゲンを摂取する食品選び

Duck Blood

コラーゲンといえば美容目的で利用されることが多く、私たちの生命を維持するために必要であるという重大な点を見落としがちな部分があります。

たんぱく質の一種であるコラーゲンは、私たちの体の様々な部分を生成し維持するために使われるとても大切な成分です。しかし問題は年を重ねるとともに減少してしまいます。

健康な体をいつまでも維持したい、または顔にシワやたるみがあったら嫌だ、という理由からでもよいでしょう、ぜひコラーゲンを摂取するように心がけてください。

さてコラーゲン摂取の方法ですが、それは適切な食品選びがポイントとなります。最近では様々なレストランで「コラーゲンたっぷり料理」をウリとしている所がありますよね。コラーゲンを含む食品はいろいろあるのですが、よく耳にするのが豚足やふかひれではないかと思います。

そのほかにもコラーゲンが人間の骨、軟骨、皮、内臓など様々な部分に存在しているように、それと同じことが動物にも言えます。ですから鶏の皮やレーバーといったものがコラーゲンを持っているのです。

こうして見てみると、コラーゲンを含む食品は結構癖のあるものが多いですね。そのためそういった食品の摂取が苦痛に感じる方もいらっしゃることでしょう。

そんな場合には少量であってもコラーゲンを豊富に含む食品を口にするようにし、それと同時にビタミンCを多く摂取するのがコツです。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を促す働きがあり、ビタミンCでしたら、多くの柑橘系の果物や野菜に含まれていますから、それほど摂取が難しいものではないはずです。
まずは食生活の改善、これが健康への第一歩かもしれませんね。

コラーゲンとヒアルロン酸のチームワーク

model 2

コラーゲンとヒアルロン酸、こちらの成分をよくセットで聞くことがあるかと思います。よく美容に関する分野で耳にするものです。
コラーゲンがヒアルロン酸を助ける、それともヒアルロン酸がコラーゲンを助けるのか、いずれにせよこれらには切っても切れない存在のようです。

ヒアルロン酸は実は”保湿”という点では、ずば抜けた能力をもつお肌には大切な成分なのです。若いうちは体内でも生成できるものなのですが、コラーゲンと同様減少し、体内生成が難しくなるものです。およそ40歳を境に意識的に取り入れていきたい成分とされています。

ヒアルロン酸は保湿効果以外にも、血管内で栄養素を運ぶ役割を担っています。ですからコラーゲンで血管を丈夫にし、ヒアルロン酸で十分に栄養を運んでもらう、これが健康の秘訣なのかもしれませんね。

またヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンと呼ばれるこれもまたコラーゲンと良く似たたんぱく質を結合する働きもあるのです。このようにコラーゲンとヒアルロン酸のチームワークがうまくいくと、私たちは健康な体を維持することができるのです。

もっと身近なところでお肌に関して見てみますと、肌の潤いにはコラーゲンとヒアルロン酸が欠かせないということがわかります。そのためこの2つの成分がセットで化粧品なんかに利用されるわけです。

サプリメントを見ましても、この2つが一緒に含まれていることが多いです。さらなるコラーゲンの効果アップを期待するには、ヒアルロン酸の摂取も心がけるようにしましょう。

コラーゲン化粧品のすすめと注意

Cosmetic applicator

美容の世界では欠かせないのがコラーゲン。コラーゲンに並んでヒアルロン酸やビタミンCなどの言葉もよく聞きますね。特に顔のシワやたるみなどに悩まされている方にはおすすめの成分であるといってよいでしょう。

コラーゲンは毎日の食事から摂取することができるのですが、それと並行してコラーゲンが含まれた化粧品を利用するのがおすすめです。

今やコラーゲンが含まれた化粧品はどこででも見かけることができるようになりました。ファンデーション、化粧水、美容液など化粧品にも様々な種類がありますね。こういった化粧品選びのコツをご紹介しましょう。

よく宣伝として「コラーゲンたっぷり」などといったキャッチフレーズを見かけませんか?しかし、そこに落とし穴がありますから注意してください。

実はコラーゲンはお肌に非常に浸透しにくいものなのです。コラーゲンはお肌の奥の奥へと浸透しなければ意味がありません。そのため化粧品で大切なポイントはどれだけコラーゲンが含まれているかではなく、どれだけ浸透性が高いかということになります。

最近では科学技術の発展により、低分子のコラーゲンが開発されました。ですからコラーゲンの浸透性の高さをウリにしている化粧品こそが本物であると言えるでしょう。コラーゲンの含有量に惑わされないようにしてください。

それに加えてヒアルロン酸やビタミンCなどの美容成分も含まれていると、なおよいです。こういった化粧品を利用して、美肌を手に入れてください。